キリンノックスのボードゲームブログ

将棋・チェスがつまらない原因と楽しむために重要な事【オススメの対局時計】

f:id:kirinnox:20190902180655j:plain

 

こんにちは、将棋・チェス歴5年のキリンノックスです。

私が将棋にハマったのは23歳くらい

 

 

将棋を初めてやった小学生のとき、あまり楽しく感じなかったのを覚えています。

もし、小学生で、将棋の楽しさに気づいていたら、もっと強くなっていたことでしょう!w

なぜ、幼少時代は将棋が楽しめなかったのか。その原因に気付いたので、今回書いていきます。

 

 

将棋・チェスを楽しむために重要なこと

f:id:kirinnox:20190802113020j:plain

 

  1. 待ったをしない。
  2. 実力差があるときは、ハンデ付きで指す。
  3. 持ち時間を導入する。

 

全部、同じところに行き着くんですが、

ようは、真剣勝負しよう!ということです。

上の3つを守らないと「なんか、つまらないなぁ。」となる原因になると考えています。

 

 

1.「待った」をしない

f:id:kirinnox:20190802113245j:plain

 

私が小学生の頃、父親と将棋をやったときは、待ったをしまくりでした。

パチ、パチ、「待った」

パチ、パチ、「待った」

そして、当たり前ですが、勝っていましたw

これでは、真剣になれないし、手を読むこともしなくなります。

将棋がただなんとなく駒を動かす「作業」と化していました。

それはそれはつまらなくなります。

 

 

父親としては、勝たせてあげたかったんだろうと思いますが、今思えば、現在将棋大好きな私が、小学生の時に将棋にはまらなかったのは、あの「待った」が原因だったと思います。

当時は詰将棋に対して「こんなの、相手がどう動くかわからないんだから、相手がいないとできないじゃん」とかいう、訳のわからないことを言っていましたw

そう思ってしまったのも「待った」していたのが原因でした。

 

 

詰まそうとして、「詰まなかったら戻す。」ということをやってしまっていたので、「真剣にすべての手を読んで指す。」という気持ちがなかったのです。

そして、その真剣にすべての手を読むというのが将棋の面白さです。

 

 

それと、初心者と指す時にやってしまいがちですが

  • 「二歩してしまったら戻す」
  • 「玉を取られる箇所に進めてしまったら戻す」
  • 「間違った場所に動かしたら戻す」

というのも「待った」に入ると思います。

 

 

例え相手が初心者や子供であろうと

  • 「二歩したら負け!」
  • 「玉を間違って動かしたら負け!」
  • 「動けない箇所に動かしたら負け!」

良いと思います。

それでこそ、手を真剣に読むことにつながります。

二歩したら「負けました」と言ってもう一度最初から指せば良い。

とにかく、「待った」は将棋・チェスの面白さをほぼ無くす!!

 

 

 

2.実力差があるときは、ハンデ付きで指す

f:id:kirinnox:20190908155844j:plain

実力差があるときは、「待った」をOKにしたい気持ちもわかります。

しかし、前述のように「待った」をするとつまらなくなってしまいます。

そこで、実力差がある場合はハンデ付きで戦えば良いと思います。

お互い、本気で指したとき、勝つか負けるかわからないくらいのハンデを探して、お互い待ったナシの真剣勝負をすれば、実力差があっても楽しめます。

将棋のハンデは「駒落ち」が一般的ですが、私は「駒渡し」推奨です!

bdg.kirinnox.com

 

 

 

3.持ち時間を導入する


対局時計 シチズン ザ・名人戦 DIT-50

 

これめちゃくちゃ大切だと思います。

持ち時間を決めない将棋は

  • ダラダラと長く考えたほうが強い。
  • 相手が長考してると暇でイライラする。
  • 自分が長考するとき相手に申し訳ないという気持ちになって、集中できない。
  • どこまで手を深く読んでいいかわからなくなる。(時間を決めなければ永遠に読む事ができる。)
  • それを結局、途中で考え打ち切って指さなきゃいけない。
  • 勝負が長引く。
  • いつ終わるかわからない。
  • 結局実力もよくわからない。

 

制限時間を導入しないと将棋は微妙!だと思っています。

時間を決めることによって、「待ったナシ」も徹底することができます。

 

 

時間を導入するのにオススメのアプリはコチラ

play.google.com

 

とりあえずアプリがあれば制限時間は導入できます。

 

 

しかし、対局時計があると最高です。

f:id:kirinnox:20190908155855j:plain

コレは私が使っている対局時計『名人戦』です。

この対局時計高いけどめっちゃ良いです。

安物の対局時計も買った事がありますが、押しにくかったり、バグったり、壊れたり・・・安物買いの銭失いになります。 

 

 

最初から「名人戦」を買えば良かったですw

一度買ってしまえば、ストレスフリーで対局に集中できるので対局するときめっちゃ白熱します。

対局時計を叩くのがめっちゃ気持ち良い。何倍も将棋が楽しくなる。

リンク

 

 

おまけ 良い駒と盤を持つ。

f:id:kirinnox:20190920200353j:plain

f:id:kirinnox:20190927153606j:plain

まぁ良いと言ってもそれなりですが!

山上作、上彫です。

良い道具を持つと、それに触れてるだけで楽しいw

 

 

チェスの方はこんな感じです。

f:id:kirinnox:20191011164340j:plain

f:id:kirinnox:20191011164624j:plain

 

内部に自分でスポンジを貼り付けて、コマがが動かず収納できるようにしています。

 

f:id:kirinnox:20191011164646j:plain

f:id:kirinnox:20191011164352j:plain

最高かよ・・・

見てるだけで楽しい。

ぜひお気に入りのコマを見つけてみてください。

 

 

 

 

まとめ

f:id:kirinnox:20190802112555j:plain

初心者でも「持ち時間を決め、待ったナシ」で指した方が楽しいですよ。

「間違った動きをしたら負け!ミスったら負け!時間が切れたら負け!」という緊張感も含めて将棋の面白さだと思います。

もし、なんとなく、将棋・チェスを指して、そんなに楽しくないな、と感じている人がいたら、是非「待ったナシ、持ち時間導入」でやってみて欲しいです。

 

 

関連記事

bdg.kirinnox.com

bdg.kirinnox.com

 


お問合せフォームプライバシーポリシー