キリンノックスのボードゲームブログ


 f:id:kirinnox:20200309205819j:plain  f:id:kirinnox:20200309205825j:plain
  f:id:kirinnox:20200309205822j:plain f:id:kirinnox:20200309205813p:plain

Amazonボードゲーム売れ筋ランキング

【ルール紹介】THE ROSE KING(ローズキング)【レビュー】

今回は THE ROSE KING(ローズキング) を紹介します!


The Rose King ローズキング(ローゼンケーニッヒ) 日本語説明書付き

 

プレイ人数2人

 

 

 

 

 

ルール紹介

メインボード

f:id:kirinnox:20200406165845j:plain

 

このメインボード上の王冠を動かしながら、バラタイルを置いていきます。

こんな感じになってく。

f:id:kirinnox:20200406163446j:plain

 

 

 

準備

 お互い手札を5枚ずつ表向きに配ります。この際、ボードの王冠の向きとカードの王冠の向きを合わせます。

また、騎士カードを4枚受け取ります。

f:id:kirinnox:20200406163504j:plain

 

 

ゲーム進行

手番順に次のアクションのうちどれか1つを行います。

  1. カードを使う
  2. カードを引く
  3. カードと騎士カードを使う

 

 

1.カードを使う

カードを使う

f:id:kirinnox:20200406163522j:plain

剣の向きに、カードに書かれた数字の分だけ、王冠が移動します。

f:id:kirinnox:20200406163601j:plain

そして、そこにバラタイルを自分の色にして置きます。

f:id:kirinnox:20200406163615j:plain

メインボードから出てしまう場合や、すでにバラタイルがある場合は使えません。

 

 

2.カードを引く

カードを山札から1枚引きます。

f:id:kirinnox:20200406163656j:plain

手札の上限は5枚なので、6枚以上は引くことはできません。

 

 

3.カードと騎士カードを使う

1ゲーム中に4回まで、騎士カードを使う事ができます。

f:id:kirinnox:20200406163707j:plain

カードを使って移動した先に、相手の色のバラがある場合

f:id:kirinnox:20200406164009j:plain


騎士カードを使って移動する
ことで、ひっくり返して自分の色にする事ができます。

f:id:kirinnox:20200406164025j:plain

 

 

パスについて

上記の1~3の選択肢が全て不可能な場合パスになります。

両プレイヤーが連続してパスした場合はゲーム終了です。

 

 

 

ゲーム終了

バラタイルが全て置かれるか、両プレイヤーが連続してパスしたらゲーム終了。

実際に全部置かれるとこんな感じになります。(全部のマスは埋まらない)

f:id:kirinnox:20200406164038j:plain

 

 

得点

つながったバラタイルの数の2乗得点になります。(3マスだったら3✕3で9点という感じ)

斜めは隣接になりません。

全ての島の点数を合計して、多い方が勝ち。

例としてこの盤面を見てみると

f:id:kirinnox:20200406164634j:plain

f:id:kirinnox:20200406164626j:plain

赤78点、白109点という感じになります。

きっちり計算しなくても盤面を見ればだいたいどっちが勝ってるかは感覚的にわかる事が多いです。

 

以上です。

 

 

 


 

レビュー

総合 ☆☆☆☆
コンポーネント ☆☆☆☆
盛り上がり ☆☆
論理性 ☆☆☆
飽きない度 ☆☆☆
重さ ☆☆



総合評価☆☆☆☆

f:id:kirinnox:20200406170119j:plain

面白い!

結構サクサク進行します。

 

2乗が得点という結構独特のルールです。

2乗の性質上、一番でかい島が最も重要!

12マスは144点、13マスは169点、14マスは196点でかい島のポイントは1つ大きくなるごとにめっちゃ変わります。 

つまりは、勝つためには1番でかい島を作れということでゲームの目的はわかりやすいです。

 

 

コンポーネント・雰囲気☆☆☆☆

f:id:kirinnox:20200406170056j:plain

全体的に、アートワーク、雰囲気がめっちゃ好み!

箱絵がめちゃくちゃ好きです。

確かに、プレイ中とかは、箱絵は全然関係ないんですが、最近、ボードゲームって箱も含めてボードゲームだよな。って思うようになりました。

ちなみにドイツ語版の箱絵がこちら。


ローゼンケーニッヒ (Rosenkönig) ボードゲーム

 

剣がど真ん中にあって、左右対称の英語版の方が格好いい!!
The Rose King ローズキング(ローゼンケーニッヒ) 日本語説明書付き

 

確かに、アシンメトリーの方が格好いい場合もあるけど、このアブストラクトっぽいゲームのルールはシンメトリーなテーマの方が合ってる!

箱絵を変えた人センスある!!!

(あ、でもタイトルはローゼンケーニッヒの方がかっこいいかもw) 

 

ただ、結構カードがすぐ尽きてしまって、頻繁にシャッフルしなきゃいけないので、もっとカードの量を増やして欲しかった・・・ 

8方位の1~3で24枚というのはわかるのですが、48枚にしてほしかった!

プレイアビリティは面白さに直結しますよ!!

メーカーさん!!!

お願いします!!w

 

 

 

盛り上がり☆☆

粛々とプレイ。

盛り上がりはあまりないかも。

 

 

論理性☆☆☆

カードの引き運あります。

相手の手札を見れるので、多少の先読み要素もありますが、だいたいの場合、その場その場で最善の手を打って島をでかくしていく陣取りゲーム的な感じだと思いました。

あとは、どこで騎士カードを使うかが戦略的に重要かw

温存していて結局使えなかったりw

性格が出るw

 

 

飽きない度☆☆☆

何度もやっても面白いです。

やることは毎回同じですが。 

 

 

重さ☆☆

サクサク軽め。

 

 

評価まとめ

2人用サクサク陣取りゲーム。

 

 

 

オススメのアイテム

スリーブ

 

オススメのスリーブはこちら。

別に入れなくても良いかと思うんですが、カードが美しいのでスリーブに入れたくなりますw

 

ダイストレイ

 

カードを投げ入れたくなる。

 

 

THE ROSE KING(ローズキング)が好きな人にオススメのゲーム

 

特にショコリーはプレイ感がめっちゃ似ています。

3人プレイのローズキング感がある。

気分的にはブロックスデュオもかなり近い気がするけど、ブロックスデュオは完全にアブストラクトなので、運要素が欲しい人はローズキングの方がオススメ。(おれはどちらも好きですw)

 

 


お問合せフォームプライバシーポリシー