【ルール紹介】カルカソンヌ【レビュー】

今回は カルカソンヌ を紹介します!


カルカソンヌ (Carcassonne) ボードゲーム

プレイ人数2~5人

 

 

ざっくりルール紹介

f:id:kirinnox:20190902173232j:plain

このようなタイルを使います。

タイルには 城 道 修道院 草原 が書かれています。 

 

 

初期タイルを設置

f:id:kirinnox:20190902173241j:plain


 

担当色のミープルを受け取ります。

f:id:kirinnox:20190902173243j:plain

 

 

手番順にタイルを1枚引き場にあるタイルのどこかに、道は道、城は城、草原は草原が接続されるように置いていきます。

f:id:kirinnox:20190902173721j:plain

 

 

今置いたタイルの中にミープルを1個、置くことができます。

f:id:kirinnox:20190902173754j:plain

 

 

ミープルは 道 城 修道院 草原 のどこかに置くことができます。

f:id:kirinnox:20190902173905j:plain

 

 

タイルを置いたときに、ミープルがいる 道 城 修道院が完成したとき、ミープルを手元に戻し得点を得ます。(完成した瞬間に置くこともできる(すぐ戻ってくる))

f:id:kirinnox:20190902173940j:plain

 

 

f:id:kirinnox:20190902174111j:plain

道は1タイルにつき1点です。

画像の道は4点

ゲーム終了時、完成していなくても1タイル1点もらえます。

 

 

f:id:kirinnox:20190902174141j:plain

城は完成すると1タイルにつき2点。

盾の絵が書いてあるタイルは2枚分です。

画像の城は10点

ゲーム終了時、完成していなくても1タイル1点もらえます。

 

 

修道院

f:id:kirinnox:20190902174337j:plain

修道院を中心とする、3×3のマスが全て埋まると完成で、9点貰えます。

ゲーム終了時、完成していなくても埋まっている1マスにつき1点もらえます。

画像左は完成(9点)、右は6点です。

 

 

草原

f:id:kirinnox:20190902174635j:plain

草原は、道または城で区切られます。

ゲーム終了時、その草原に接している完成した城1つにつき3点もらえます。

f:id:kirinnox:20190902174653j:plain

画像は9点

草原には完成がないので、草原に置いたミープルはゲーム終了時まで帰ってきません。

 

 

相乗り

ミープルを置くとき、もともと他のミープルがいる施設には置けないんですが

f:id:kirinnox:20190902174932j:plain

 

こんな感じで離しておいて

f:id:kirinnox:20190902174943j:plain

 

後からつなぐ事ができます。

f:id:kirinnox:20190902174953j:plain

 

こうすると、2人とも得点になります。

 

さらに相手より多くミープルを入れれば奪えますw

f:id:kirinnox:20190902175056j:plain

 

 

 

レビュー

総合 ☆☆☆☆
雰囲気 ☆☆☆☆
盛り上がり ☆☆
論理性 ☆☆☆
飽きない度 ☆☆☆☆
重さ ☆☆☆


 

総合評価☆☆☆☆

面白い。

私がボードゲームにハマるきっかけになったボードゲームです。

自分の道とか城とか建設していくのもなんか楽しい。

ボードはないのに、ボードゲームっぽいボードゲームだと思います。

定番で、初心者にも薦めやすい。

 

 

雰囲気☆☆☆☆

f:id:kirinnox:20190902175150j:plain

カードの絵が良いです。

広がっていく街がなんか、楽しいです。

 

 

盛り上がり☆☆

盛り上がりはまぁまぁ。

粛々とプレイ

 

 

論理性☆☆☆

カードの引き運はある。

人数が多くなると運要素が増えてくる気がする。

2人だと結構ガチゲーw

終盤とか、読みの勝負になってくる。

 

 

飽きない度☆☆☆☆

拡張もいくつも出てるし、ゲーム自体面白い。  

 

 

重さ☆☆☆

まぁまぁな重さ。

長考家がいると少し長引く。

 

 

 

拡張

拡張の宿屋と大聖堂めっちゃオススメ

道の得点が倍になる宿屋

f:id:kirinnox:20190902175333j:plain

 

城の完成得点タイル1枚につき3点になる大聖堂が入っています。

f:id:kirinnox:20190902175345j:plain

 

宿屋と大聖堂は、得点がアップするかわりに、未完成だと0点になる。

 

 

それと、基本セットにはない地形が入っています。

f:id:kirinnox:20190902175429j:plain

 

 

さらに、相乗りするときにミープル2個分になる大ミープル!

f:id:kirinnox:20190902175446j:plain

 

 

ゲームバランスが良く、非常に面白みが増す拡張!

ただし、相対的に修道院がちょっと弱くなる気がする以外は文句なし!(ハウスルール導入検討中(完成時の点を上げるか?))

 

 

 

ハウスルール

得点はカウンターで管理

 

ドラムロールライフカウンター

使いやすいカウンター。

 

ポーカーチップで得点カウントしてもやりやすい。

 

 

手番終了時にタイルを引く

ルールの本質は変えないハウスルール。

めっちゃオススメ。

手番の終了時に引いておけば、他のプレイヤーの手番の時に考えておける。

我が家では基本w

 

 

20枚抜き

f:id:kirinnox:20190902180113j:plain

ゲーム開始時に20枚、裏向きに抜いてスタートします。

コチラもめっちゃオススメ。

私は拡張「宿屋と大聖堂」を入れてプレイしているのですが、タイルの枚数が多くなってちょっとゲームがちょっと長い。

あと、終盤で「読み」を始めると更に長くなる。

タイル全部記憶してるから、残ったタイルをチェックして、アレとアレとアレが残ってるから・・・とかやってると終盤めっちゃ長考が発生する。

それを防ぐため、ゲーム開始時に20枚、ランダムに抜いてスタートしています。

このゲーム、もともと運が絡んでいるので、詰将棋みたいな読み合いのゲームではないよなぁ。と思います。

 

 

 

まとめ

非常に良ゲーム!

自分の中ではボードゲームと言えばカルカソンヌというくらい定番