キリンノックスのボードゲームブログ

【ルール紹介】エセ芸術家ニューヨークへ行く【レビュー】

今回は エセ芸術家ニューヨークへ行く を紹介します!

エセ芸術家ニューヨークへ行く

プレイ人数5~10人

 

 

ざっくりルール紹介

f:id:kirinnox:20190824202411p:plain

出題者を1人決めます。(出題者はエセの味方です)

出題者はお題を決め、このカードにお題を書いていきます。

f:id:kirinnox:20190915133041j:plain

 

しかし、一つだけ、✕を書きます。ひとりだけお題を知らずに絵を書いていく事になるわけです。(エセ)

f:id:kirinnox:20190915133055j:plain

 


お題カードを各自に配り、絵を書くトップバッターを出題者が決めます。

手番順に、お題の絵の一部を書いていきます。

f:id:kirinnox:20190915133107j:plain

 

 

どれくらい書くかは自由ですが、一筆書きで書かなければいけません。 

f:id:kirinnox:20190915132947j:plain

 

 

f:id:kirinnox:20190915133029j:plain

プレイヤー毎にペンの色が決まっているので、後から見ても、誰が書いたかわかります。

 

f:id:kirinnox:20190915132936j:plain

 

 

全員が2回ずつ描いたら、ゲーム終了!

f:id:kirinnox:20190915133018j:plain



誰がエセなのかを考えて、エセだと思う人をせーので指差します。

f:id:kirinnox:20190824203458p:plain

 

この時点で最多票を逃れた場合エセの勝ちです。

 

エセが最多になった場合、エセは「お題を当て」に挑戦します。

f:id:kirinnox:20190824202411p:plain

 「エリマキトカゲ!」

 

お題を当てられればエセ(&出題者)の勝ち!

当てられなければエセ(&出題者)の負けです。

 

 

 

レビュー

総合 ☆☆☆☆
雰囲気 ☆☆
盛り上がり ☆☆☆☆
論理性 ☆☆
飽きない度 ☆☆☆☆
重さ ☆☆


 

総合評価☆☆☆☆

面白いw

 

自分が伝わると思って書いたヤツが伝わらなかったり、変な絵書いてる人が、実はエセじゃなかったり、エセがお題を一瞬で見抜いてうまく書いちゃったりw

かといって、わかりにくく書こうとすると、みんなエセっぽくなって、誰がエセか検討がつかなくなってくるww

わかるか、わからないか、微妙な線を狙うゲームは面白い!

唯一の問題は・・・人数がいないとできないこと!

友達いねぇ・・・

逆にボードゲームをする場ではなくて、BBQとか、飲み会とか、人が集まった時にやると面白いと思います。

実際のゲームで書いた絵

f:id:kirinnox:20190915132905j:plain

お題を書いとかなかったので、何がお題だったかわからんw

 

 

雰囲気☆☆

コンポーネントはコンパクトにまとまっていて良いですね。

 

 

盛り上がり☆☆☆☆

わいわいしながらできますw

談笑パーティーゲームですね。

 

 

論理性☆☆

どのくらいまで詳しく書けば、エセだと疑われずに、かつ、お題がバレないのか。というところを狙って絵を書いてくのが楽しい。

絵心は全く必要なしw 

 

 

飽きない度☆☆☆☆

楽しめるーー。結構何回やっても楽しい。  

 

 

重さ☆☆

プレイ感も、プレイ時間も軽いっす。 

 

 

 

まとめ

人数が多い時には、かなりオススメですw

 

 

 

エセ芸術家ニューヨークへ行くが好きな人にオススメのゲーム

bdg.kirinnox.com

bdg.kirinnox.com

bdg.kirinnox.com

bdg.kirinnox.com

 


お問合せフォームプライバシーポリシー