キリンノックスのボードゲームブログ


 f:id:kirinnox:20200309205819j:plain f:id:kirinnox:20200309205825j:plain
 

Amazonボードゲーム売れ筋ランキング

【ルール紹介】ドミノ(ブロック)【レビュー】

今回は ドミノ(ブロック) を紹介します!


Cardinal ダブル12ドミノ

 

プレイ人数2~4人

 

ルール紹介

f:id:kirinnox:20210521212612j:plain
ドミノはローカルルールによる細かい違いが多いので、私が採用しているルールを赤字で書いて、他のローカルルールは最後に紹介したいと思います。

ではルール紹介です。

 

 

使用する牌

f:id:kirinnox:20210521212338j:plain

ダブル6(28枚)を使用します。

 

 

ドミノを配る

各プレイヤーにドミノを7枚配ります。(4人時は5枚

f:id:kirinnox:20210521182406j:plain

配られなかったドミノは裏向きのまま置いておきます。(ボーンヤードと呼びます)

f:id:kirinnox:20210521182412j:plain

 

ゲーム進行

ダブル6を持っているプレイヤーがスタートプレイヤーで、そのダブル6を出します。(ダブル6を持っているプレイヤーがいなければダブル5、それもいなければダブル4・・・と続きます)

f:id:kirinnox:20210521182449j:plain

次のプレイヤーは場の列に自分の手札から1枚、同じ数字を持つ牌をつなぎます。

f:id:kirinnox:20210521182515j:plain

ドミノの列は左右に伸びていき、その一番端のドミノにだけつなぐことができます。

 

f:id:kirinnox:20210521182534j:plain

上の画像であれば左の3か右の4につなぐことができます。

f:id:kirinnox:20210521182623j:plain

 

ダブル牌だけは縦向きに置きます。

f:id:kirinnox:20210521182729j:plain

 

こんな感じにつなげていきます。

f:id:kirinnox:20210521182742j:plain

机の広さが足りなくなったら、曲げて置くことができます。(ルール上は直線と同じ扱いです)

f:id:kirinnox:20210521182808j:plain

 

出せる牌がない場合はパスします。

f:id:kirinnox:20210521182842j:plain

誰かが牌をすべて出し切るか、すべてのプレイヤーが連続してパスすると1ラウンドが終了します。

 

 

得点計算

誰かが手札を出し切った場合は、他のプレイヤーの手札に残ったドミノの目の数の合計が上がった人の得点になります。(他の人は0点)

f:id:kirinnox:20210521182926j:plain

上画像は12点。

 

 

連続パスによって終わった場合(ブロックドと言います)は、手札に残った目の数が少ない人が勝者になります。

勝った人の手札は無視して、他の人の手札の目の合計が勝者の得点になります。

f:id:kirinnox:20210521205355j:plain

上画像は、手前が勝ちで25点です。

 

次のラウンド

同様にして次のラウンドを開始します。

f:id:kirinnox:20210521180230j:plain

2ラウンド以降は、前ラウンドの勝者が最後になるようにスタートプレイヤーが決まります。

スタートプレイヤーの人は手札から好きな牌を場に出すことができます。

 

 

ゲーム終了

誰かの得点が100点以上になったら終了。

 

 

ルール補足

手札に出せる牌があるならば、パスはできず、出さなければいけません。

 

 

ローカルルールについて

使用牌について

f:id:kirinnox:20210521205500j:plain

  • 【採用】ダブル6の牌を使う。
  • ダブル9の牌を使う。

調べたところ、ダブル9でもできるらしいです。

ダブル6を使うのが一般的でした。

でもダブル9でやったらどうなるんだろう!面白そう。

 

 

配る枚数について

f:id:kirinnox:20210521182406j:plain

  • 【採用】2 / 3 / 4 人 → 7 / 7 / 5 枚配る。
  • 2 / 3 / 4 人 → 7 / 6 / 5 枚配る。
  • 2 / 3 / 4 人 → 7 / 5 / 5 枚配る。

初期手札の枚数についてもいろいろありましたが、2人は7枚、4人は5枚はほぼ共通

3人プレイ時は7枚、6枚、5枚どれでも良いようです。

多いほうが選択肢が増えて面白いと思ったので7枚を採用。

 

 

スタートプレイヤーの決め方について

f:id:kirinnox:20210521205519j:plain

  • 【採用】1ラウンドは6ダブルを持っている人(いなければ5ダブル、4ダブル・・・)がその6ダブルを出し2ラウンド以降は前ラウンドの勝者が最後なるようにスタートプレイヤーを決め、スタートプレイヤーは好きな牌でスタートできる。
  • 毎ラウンド、6ダブルを持っている人(いなければ5ダブル、4ダブル・・・)がその6ダブルを出す。
  • 毎ラウンド、6ダブルを持っている人(いなければ5ダブル、4ダブル・・・)がスタートプレイヤーで、好きな牌からスタートできる。
  • ラウンドを開始する前に、1枚ずつ牌を引き、目の合計が多かった人がスタートプレイヤーとなる。(混ぜなおす)
  • 前ラウンドの勝者が次ラウンドのスタートプレイヤーになり好きな牌からスタートできる。

 

スタートプレイヤーの決め方は色々なルールが存在しました。

実は私が採用している「勝者が最後になるルール」は私が考えましたw

勝ってるプレイヤーに負荷がかかるルールが好きなので・・・

お好きなスタピーの決め方を採用すれば良いと思います。

 

 

ブロックド時の得点計算について

f:id:kirinnox:20210521205547j:plain

  • 【採用】勝者以外の手札の目の合計が勝利者の得点になる。
  • 勝者以外の手札の合計から、勝者の残った手札の目の合計を引いた数が勝者の得点になる。

ブロックド(全員パスして終了)時の得点計算はどちらもありました。

総取りを採用。

勝ったときにデカイ方が面白い。

 

 

終了得点について

f:id:kirinnox:20210521205740j:plain

  • 【採用】誰かが100点取ったら終了。
  • 誰かが X 点取ったら終了。
  • X ラウンド行って得点が高い人が勝者。

終了条件は、120点とか250点とかルールによって違いました。

最初に決めておけば何でも良いと思います。

 

 

ルール説明は以上です。

 

 

レビュー

総合 ☆☆☆☆
コンポーネント ☆☆☆
盛り上がり ☆☆
論理性 ☆☆☆
飽きない度 ☆☆☆
重さ


 

総合☆☆☆☆

f:id:kirinnox:20210521205729j:plain

コレ面白いぞ。

めっちゃシンプルなんですが、ドミノの「同じ牌は存在しない」という性質によって読み合いが生じる。

引き運の割合も結構ありますが、毎回必ず「どっちを出すか」という悩ましい分岐が存在します。

ダブル牌は少し出しにくいような気もするし、全出しを狙うか、それとも相手よりも合計が少ないと見てブロックを狙うかという戦略性もある。

相手の出す牌とかを見て相手の手牌を読むというのもある。

f:id:kirinnox:20210521205841j:plain

1度パスすれば何を持ってないかはわかるし。

ルールが超シンプルなのも良い。

しかも最初に配られた7枚で勝負するというシンプルさ。

「ドロー」よりもさらにシンプルかつスピーディー。

謎の中毒性がある。

f:id:kirinnox:20210521205857j:plain

ただし、あまり考えずに出せる牌を適当に出すようなプレイスタイルを取るような人だとあまり楽しく感じないかもしれません。

つまり、楽しさがわかりにくいという側面はあります。

 

 

コンポーネント・雰囲気☆☆☆

いろいろなドミノ牌がありますので、品質についてはピンきりです。

私が持っているのはコチラ

 

とコチラ

 

牌のレビューは後述します。

いやしかし、この「すべての組み合わせの目が存在するが、同じ牌はない」っていうの数学的に美しいですね。

牌の質感もすごく良いです。

 

 

盛り上がり☆☆

じっくり系です。

 

 

論理性☆☆☆

f:id:kirinnox:20210521205833j:plain

正直、引き運結構ありますw

でも何ラウンドもプレイするので、運を乗り越えていきたいところ。

読みや選択肢による勝負もあります。

 

 

飽きない度☆☆☆

f:id:kirinnox:20210521205816j:plain

謎の中毒性がある。

何この中毒性。謎w

ブロックだけでも面白いのですが、ドミノは他の遊び方もできるので、かなり楽しめますね。

 

 

重さ☆

軽い。ルール説明も5分でできる。

 

 

評価まとめ

何この中毒性。シンプルで面白い。

 

 

オススメのアイテム

ドミノ牌1


Double 12 Color Dot Dominoes in Collectors Tin (styles will vary)

 

私が持っているオーソドックスなドミノ牌です。

f:id:kirinnox:20210521205824j:plain

ダブル12なので、いろいろなゲームに対応できます。

f:id:kirinnox:20210521211147j:plain

大きさも普通。(縦5cm,幅2.5cm)

f:id:kirinnox:20210521205904j:plain

ただし、私が買ったものは新品だったのにもかかわらず若干の汚れや傷などがありました。海外製なので、そういうところあんまりケアされていないのかもw

f:id:kirinnox:20210521211209j:plain

メキシカントレイン用の列車コマもついてました。

 

 

ドミノ牌2


Mexican Train メキシカントレイン トラベルセット

 

コチラは少し小さめのドミノ牌。

ダブル12。

f:id:kirinnox:20210521211420j:plain

小さめだとドットで書けなくなってくるので数字表記。

こっちのやつは品質も良かったし、色も鮮やかで、しかも小さい方が扱いやすい!(机の広さ的にもw)

f:id:kirinnox:20210521205633j:plain

意外と良いです。

f:id:kirinnox:20210521205717j:plain

 

上記の牌との比較画像

f:id:kirinnox:20210521212424j:plain

でもやっぱり、オーソドックスなドミノの見た目も好きだなぁ。

 

f:id:kirinnox:20210521211245j:plain

コチラもメキシカントレイン用の列車ついてきます。

 

 

ドミノラック


木製ドミノラック メキシカン列車 トレイホルダー ゲーム用 (13.4 x 2インチ) 4個パック

 

私は100均で買った名刺スタンドみたいなヤツを使ってるんですが、ドミノが立ちにくいです。(倒れたりしやすい。)

ドミノラック欲しい!

コレがあったらやりやすそう。

 

 

そろばん型ライフカウンター


MTGカードサイズ金属製そろばん型ライフカウンター/緑

 

私はドミノの得点計算はこのそろばん型カウンターでやってますが、めっちゃ良いです。

f:id:kirinnox:20210531183653j:plain

コチラMTGのライフカウンターですが、めっちゃ使いやすいのでおすすめです。他のボードゲームにも使えるし。

 

 

なんかクリベッジというトランプの得点計算をするクリベッジボードとかいうのもあって、コレでドミノの得点計算しても良さそう。(おしゃれ)

 

 

ドミノ(ブロック)が好きな人にオススメのゲーム

 

シンプルなのに面白いゲームって良いなぁ。

運の感覚が花札に近いです。

適当にやるとつまらないところとかドメモに似てるw

ドミノの質感が好きな人は、麻雀牌が好きだと思いますw(逆もしかりw)

 


お問合せフォームプライバシーポリシー