キリンノックスのボードゲームブログ

【ルール紹介】アブルクセン【レビュー】

今回は アブルクセン を紹介します!


アブルクセン 日本語版

プレイ人数2~5人

 

 

ざっくりルール紹介

f:id:kirinnox:20190831183259j:plain

このようなカードを使います。1~13,Xはワイルドカードです。

 

 

カードを配る

f:id:kirinnox:20190831183247j:plain

手札を13枚配ります。

 

 

場に6枚表に並べる

f:id:kirinnox:20190831183236j:plain

後述する吹き飛ばしのときに、場からカードを取っていきます。

場は常に6枚オープンされています。

 

 

手番順にカードを自分の前に出して行きます。

f:id:kirinnox:20190831183225j:plain

 

同じ数字のカードは何枚でも出すことができます。

f:id:kirinnox:20190831183309j:plain

 

どんどん重ねて出していきます。

f:id:kirinnox:20190831183319j:plain

 

 

吹き飛ばし

誰かがカードを出したとき、場にあるカード

  1. 同じ枚数 かつ
  2. 数字が小さい

カードは吹き飛ばしを受けます。

f:id:kirinnox:20190831183757j:plain

 

吹き飛ばした人吹き飛ばしたカード

  1. 貰う(手札になる)
  2. 拒否する

どちらかを選びます。

 

 

貰う場合、吹き飛ばされた人は

  1. 場から手札を補充

します。

 

 

拒否された場合、吹き飛ばされた人は

  1. 手札に戻す
  2. それを捨てて、同じ枚数を場から補充

のどちらかを選びます。

f:id:kirinnox:20190831184308j:plain

 

これを繰り返していき、最初に手札が出し切った人がいたら終了

 

得点

自分の場に出ているカードは1枚1点

f:id:kirinnox:20190831183210j:plain

 

手札に残ってしまったカードはマイナス1点 

 

 

レビュー

総合 ☆☆☆☆
雰囲気 ☆☆
盛り上がり ☆☆☆
論理性 ☆☆☆
飽きない度 ☆☆☆
重さ ☆☆


 

総合評価☆☆☆☆

面白い。

吹き飛ばしのルール挙動が独特過ぎて、ルールを読んだだけでは、どんな動きをするのかわからないw

さらには、どうすれば勝てそうなど、全然わからないw

というか、ちょっと処理慣れしてない人だと、吹き飛ばしたときに何が起こるのかよくわからなくなるっぽいw

私の母とかは、まぁ典型的おばちゃんだが、このゲームやったとき、カードの挙動が全然つかめていなかったw

そういう意味では、ちょっとボドゲ慣れorカードゲーム慣れしてないとやりづらいかも。

 

 

実際にプレイすれば、「なるほど、同じ数字を集めていっぱい出すと強い」というのが見えてくる。(攻撃を受けにくいし、得点になるから

さらに、6枚オープンされる場「良いカードがある」のか「悪いカードばかり」なのかによって、戦い方が変わってくる。

場からカードを取れるのは吹き飛ばされた人だけなので

場に良いカードがあるときには、みんな吹き飛ばししたがらない。(というか吹き飛ばされたがるw)

場に悪いカードばかりのときは、みんな吹き飛ばし合戦になるので、防御が重要になる。

 

非常に不思議な感覚のゲーム。

 

 

雰囲気☆☆

f:id:kirinnox:20190831184447j:plain

カードの絵。狐?が可愛い。

 

 

盛り上がり☆☆☆

まぁまぁな盛り上がり。

 

 

論理性☆☆☆

初期手札運もある。

考える要素は多い

カードの挙動が難しいので、自分が何をすれば勝てるのかを考えるのが楽しい。

 

 

飽きない度☆☆☆

謎の中毒性w

なんか、なんだろう。

うまく言えないw

とにかく、同じ数字のカード集めて一気に出すのが気持ち良くなってくるw 

 

 

重さ☆☆

1回1回は軽い。

何回戦するかによります。

(公式ルールも連戦して得点を累積するのが推奨されています)

  

 

その他

2箱買いましたw

コレで!シャッフルせずに連戦できる!(楽しい) 

f:id:kirinnox:20190831220248j:plain

 

 

まとめ

謎の中毒性w

 

 

 


お問合せフォームプライバシーポリシー