キリンノックスのボードゲームブログ

【ルール紹介】ファブフィブ【レビュー】

今回は ファブフィブ を紹介します!


ファブフィブ 日本語版

プレイ人数3~10人

 

 

ざっくりルール紹介

f:id:kirinnox:20190824200232j:plain

0~9までの数字カードがあります。

 

先攻プレイヤーは山札から3枚引き

f:id:kirinnox:20190824200307j:plain

 

大きい順に並べます。

f:id:kirinnox:20190824200215j:plain

その数字を言って次の人に回します。

 

 

f:id:kirinnox:20190824200716j:plain

 

このとき、嘘を言っても良い。

 

次の人は、カードを受け取るか、ダウトするかを選びます。

  • ダウトして嘘だった場合、嘘を言った人が負け
  • ダウトして、数字が合っていた場合は、ダウトした人が負けます。

 

ダウトせずにカードを受け取ったら、カードの交換を行います。

f:id:kirinnox:20190824200215j:plain
カードを1~3枚捨札
にして

f:id:kirinnox:20190824200322j:plain

 

同じ枚数山札から引きます。

f:id:kirinnox:20190824200334j:plain

そして、次の人にカードを回すのですが、前の人が宣言した数字より大きい数字を言わなければいけません。(本当でも嘘でも)

 

 

次の人はまた、ダウトするか、受け取るかを選びます。 

これを繰り返します。

 

 

どんどん数字が上がっていくので、どこかでダウトが発生します。

f:id:kirinnox:20190824200145j:plain

「771!」「ダウト!」

 

シンプル!

 

 

レビュー

総合 ☆☆☆
雰囲気 ☆☆
盛り上がり ☆☆☆
論理性 ☆☆☆☆
飽きない度 ☆☆
重さ


 

総合評価☆☆☆

私は結構好きです。

ちょっと嘘付きたいときにやると良いw

プレイ人数の幅も広いルールが簡単だし、軽いので、ボドゲ初心者にも進められる。

 

  

雰囲気☆☆

f:id:kirinnox:20190824201302j:plain

ライフポイント表示が可愛いw

コレ以外にもいくつも入ってます。

 

 

盛り上がり☆☆☆

ダウトするか、しないか。

されるか、されないかのドキドキ感があります。 

嘘を付くのはやっぱり緊張しますねw

 

 

論理性☆☆☆☆ 

引き運もあるけども、実は、結構、論理性がある。

811で回ったのに、1枚交換とかだったら、おかしいぞ?ってなる。(普通1と1を2枚換える)

他にも、大きい順に揃えるカードの揃え方を見てたり、数字を言うタイミングとか。

演技力も必要だし、注意力で見抜ける。

それを逆手にとって、変な数字交換したり

意外と戦略性あり。

 

 

飽きない度☆☆

まぁまぁ。

おれは結構好きなんだが、おれの周りはまぁまぁらしい。

 

 

重さ☆

軽い。

 

 

ハウスルール

公式では、カードに付いているドクロの分ダメージですが、負けたら1ダメージ固定とした方が面白かったです。

 

  

まとめ

軽く嘘つきたくなったときにちょうど良いw

 

 


お問合せフォームプライバシーポリシー