【ルール紹介】タギロン【レビュー】

今回は タギロン を紹介します!


対戦型論理パズルゲーム タギロン(TAGIRON)

プレイ人数2~4人

 

 

ざっくりルール紹介

f:id:kirinnox:20190824190604j:plain

0~9までの数字タイルが2枚ずつ、計20枚あります。

5は緑が2枚。それ以外は赤青1枚ずつです。

 

 

数字タイルを配る

f:id:kirinnox:20190824190618j:plain

数字タイルを5枚(4人プレイ4枚)配ります。 

他のプレイヤーに見られないようについたての裏で小さい順に並べます。

f:id:kirinnox:20190824190544j:plain

このとき、同じ数字があったら、赤を左に並べます。

 

 

順番に質問していく。

中央に質問カードを6枚並べます。

f:id:kirinnox:20190824190409j:plain

手番順に、質問を選び、他のプレイヤーはその質問に正直に答えます。

 

これを繰り返して行き、最初にプレイヤーに引かれずに残ったタイルを(5枚すべて)当てた人が勝ち

f:id:kirinnox:20190824195710j:plain

こんな感じで、相手の持ってるカードをマス目で書いてメモをとっていくと良いよ。

 

 

 

レビュー

総合 ☆☆☆☆☆
雰囲気 ☆☆
盛り上がり ☆☆☆
論理性 ☆☆☆☆
飽きない度 ☆☆☆☆
重さ ☆☆☆


 

総合評価☆☆☆☆☆

好き嫌い分かれるかもしれません。

私(理系)は大好きです。

嫁(文系)も好きだそうですw

ほぼパズルゲームなので、独りでじっくり考える感じのプレイ(ソロプレイ強め)になりますが、みんなで「わからねぇ!○○の手札全然わからん。」とか言いながらわいわいやっています。

わかったときの爽快感は格別。

 

  

雰囲気☆☆

雰囲気重視のゲームではない。

 

 

盛り上がり☆☆☆

脳内が盛り上がる。

会話もそこそこ盛り上がるよ。

みんなでうんうん唸ってるのが楽しい

 

 

論理性☆☆☆☆

実は、ちょっと運も絡んでいる。

タイルの引き。

そして、質問カードの引きもある。

強い質問は取り合いになる。

運良く欲しい質問を引いて勝ったなんてこともある。

でももちろん、論理がたぎってるのは言うまでもない

 

 

飽きない度☆☆☆☆

クセになる楽しさ。

やるときは絶対連戦する。(楽しくて終われなくなる)

 

 

重さ☆☆☆

適度に脳みそが疲れる。

でもまたやりたくなるw

 

 

コツ 

  • ~~~の合計数
  • 連番になっているタイル
  • 同色が連続しているタイル

の質問は強い気がする。(多少ね)

f:id:kirinnox:20190824190421j:plain

 

 

ハウスルール

公式ルールでは、4人プレイは、自分が選んだ質問も、自分で答える。となっていますが、我が家では4人のときも「自分で取った質問は相手のみ答える」ルールでやっています。 

情報に偏りが出て面白い。

 

  

まとめ

クセになる面白さです。

2人より3,4人の方が面白いと思う。