キリンノックスのボードゲームブログ

【ルール紹介】インフェルノ【レビュー】

今回は インフェルノ を紹介します!

インフェルノ

プレイ人数2~8人

 

 

ざっくりルール紹介

f:id:kirinnox:20190824182259j:plain

このようなカードを使います。

 

 

手札を12枚配ります。 

f:id:kirinnox:20190824182307j:plain

 

先攻の人を決め、手札から1枚選んで出します。

f:id:kirinnox:20190824182633j:plain

 

順番に、最初の人が出したカードと、同じ色か同じ数字のカードを出していきます。(場のカードは変わりません)

f:id:kirinnox:20190824182720j:plain

 

出せない、または出したくない場合、場のカードを全て引き取ります。 

f:id:kirinnox:20190824182917j:plain

 

 

2枚以下で引き取る場合は、3枚になるように山札から引きます。

f:id:kirinnox:20190824183042j:plain



得点 

引き取ったカード1枚につきマイナス1点です。 

f:id:kirinnox:20190824183411j:plain

 

 

しかし、赤のカードは、書かれた数字がそのままマイナス点になります。(赤5はマイナス5点!でかい!)

f:id:kirinnox:20190824183420j:plain

 

 

レビュー

総合 ☆☆☆☆
雰囲気 ☆☆
盛り上がり ☆☆☆☆
論理性 ☆☆☆
飽きない度 ☆☆☆
重さ ☆☆


 

総合評価☆☆☆☆

UNOに似てるが、UNOより面白い!

だいたい、勝てそうかな?という微妙な勝負をすると負けるw

我慢比べのようなゲーム

勝てる勝負のときに赤をぶちこみまくるのが気持ちよすぎるw

 

 

雰囲気☆☆

カードの絵がエロくて良いね。

なぜこのような絵にしたのかw

お子様には刺激が強いだろ。

 

 

盛り上がり☆☆☆☆

ジリジリとした勝負が続くが、場が真っ赤になるとめっちゃ盛り上がる

まさにインフェルノ

 

 

論理性☆☆☆

最初の手札運はある。

しかし、出せるのに、我慢して出さないという駆け引きがある。

その場のカードで、勝てるか、勝てないか。という読み

行きたいところをこらえて、マイナス点を受け入れる我慢。

あと、カードを出すときもどの順番で出すかが地味に重要。

そして、少しのハッタリ

 

 

飽きない度☆☆☆

最初やったときは斬新だと思った!  

 

 

重さ☆☆

軽い。

 

 

その他

2箱買ったw

もともと結構カード枚数も多く、シャッフル少なくて済むのですが、2箱買うとシャッフルなしでスムーズに連戦できます。

f:id:kirinnox:20190824183233j:plain

1回勝負は微妙なので、私は6回戦やることが多いです。

 

本当は3箱買ったんだけど、2箱あれば十分だったww

f:id:kirinnox:20190824183232j:plain

3箱分wカード多すぎたw
 

  

まとめ

2箱買いだぁ!

 

 駿河屋はコチラ

 

 

インフェルノが好きな人にオススメのゲーム

bdg.kirinnox.com

bdg.kirinnox.com

bdg.kirinnox.com

 


お問合せフォームプライバシーポリシー