キリンノックスのボードゲームブログ


 f:id:kirinnox:20200309205819j:plain f:id:kirinnox:20200309205825j:plain
 f:id:kirinnox:20200309205822j:plain f:id:kirinnox:20200309205813p:plain

【ルール紹介】PERGAMON(ペルガモン)【レビュー】

今回は ペルガモン を紹介します!


Pergamon: Eggert Brettspiele

 

プレイ人数2~4人

 

 

ルール紹介

メインボード

 

f:id:kirinnox:20200204155341j:plain

 

 

目的

このような出土品タイル

 

f:id:kirinnox:20200204155354j:plain

 

つなげて、博物館に展示します!

 

f:id:kirinnox:20200204155404j:plain

 

この3桁の数字紀元前(AC)何百年前の出土品かを表していて古い(数字が大きい)方が価値が高い。

f:id:kirinnox:20200204155434j:plain

画像は紀元前415年前という感じ。

 

 

準備

出土品タイルを混ぜてカレンダーのところに5枚ずつ積んでおきます。

f:id:kirinnox:20200204155618j:plain

 

 

ゲーム進行

1ラウンド目は1月に積んである出土品をめくって

f:id:kirinnox:20200204155639j:plain

 

 

発掘現場に数字の小さい順に並べていきます。(百の位が同じだったら十の位を見る)

f:id:kirinnox:20200204155656j:plain

 

 

調査資金カードを2枚、裏向きで置きます。

f:id:kirinnox:20200204155708j:plain

 

 

資金カードには2種類あって

f:id:kirinnox:20200204155734j:plain

袋は1~4金、宝箱は5~8金が入っています。

 

 

次に、プレイヤーは手番順にボード上のトラックにコマを置いて行きます。

f:id:kirinnox:20200204155748j:plain
 

 

全員がコマを置いたら、資金カードを表にして

f:id:kirinnox:20200204155801j:plain

 

ボードの左側に置いた人からボードに書いてある金額を貰っていきます。

f:id:kirinnox:20200204160043j:plain

 

もし、途中で尽きたら、それより後ろの人はもらえない。

 

 

もし、余る金額だったら

f:id:kirinnox:20200204160117j:plain

 

一番後ろの人が全部貰える。 

 

f:id:kirinnox:20200204160128j:plain

 

置く位置が悩ましいゲームです!

 

 

 

発掘&展示

コレもまたボードの右側に置いたプレイヤーから発掘&展示をすることができます。

ボードに発掘できる深さが書いてあって、この中から1箇所選ぶ。(発掘しなくても良い)

f:id:kirinnox:20200204160256j:plain

 

深さの値と同じだけ金を払って、その段にある出土品をすべて貰える。

f:id:kirinnox:20200204160336j:plain

 

 

展示

発掘のあと、手持ちの出土品をつなげて、展示したければ展示できる。

コレクションの価値出来上がった出土品の百の位を足す。

f:id:kirinnox:20200204160456j:plain

(画像だと13)

 

さらに、金を払うことによってその分価値をアップすることができる。(最大3金)(最終ラウンドのみ無制限)

f:id:kirinnox:20200204160532j:plain

 (画像だと価値が16になる)

金かけて磨く!という感じですねw

 

 

展示するコレクションの価値の数字のマスにチップを置きます。 

f:id:kirinnox:20200204160703j:plain

 

展示すると、どんな展示物でもすぐに1勝利点もらえる

f:id:kirinnox:20200204160931j:plain

 

 

誰かが展示したときに、すでに展示してある展示物がある場合。

f:id:kirinnox:20200204161117j:plain

 

展示した価値以下の展示はすべて価値が1下がります。

 f:id:kirinnox:20200204161107j:plain

 

手番中にいくつでも展示できますが、1プレイヤーの展示品は3つまでです。

 f:id:kirinnox:20200204161126j:plain

 

4つ目を飾りたい場合は、好きなものを解体できる。

f:id:kirinnox:20200204161211j:plain

 

展示はしてもしなくても良いのですが、手番終了時に展示せずに手元にある3枚を超える出土品タイル3枚ごとに1金払わなければいけない。

 

f:id:kirinnox:20200204161312j:plain

(手持ちタイルが4~6枚→1金、7~9枚→2金・・・)

(金を払うのが嫌だったら好きなタイルを捨てても良い)

 

 

評価

この流れを12ラウンド行うのですが、5、7、9、12ラウンド(黄色い枠のラウンド)の終了時には評価があって

f:id:kirinnox:20200204161558j:plain


 

各プレイヤーは展示してあるコレクションの位置に書いてある得点を貰います。

f:id:kirinnox:20200204162728j:plain

 

 

評価が終わると、すべてのコレクションは、ボードに書いてある矢印の分だけ価値が下がります。

f:id:kirinnox:20200204161746j:plain

f:id:kirinnox:20200204161851j:plain

 

 

さらに、評価ごとにボーナスがあって

f:id:kirinnox:20200204162016j:plain

  •  5ラウンド → 最も古い
  •  7ラウンド → 最も古い水瓶
  •  9ラウンド → 最も古い仮面
  • 12ラウンド → 最も古い腕輪

を持っているプレイヤーがボーナス(2点)をもらえます。

さらに、ゲーム終了時は、すべての品のなかで、1位2位3位に古いものにボーナス(3点、2点、1点)が入ります。

 

 

その他

価値が0以下になった展示物は解体される。(捨札に)

 

 

 

2人プレイ

プレイヤーが2人の場合は墓荒らし(仮想プレイヤー)が登場。

f:id:kirinnox:20200204162124j:plain

 

墓荒らしは、資金カードによって、置く場所が自動的に決まる。

 f:id:kirinnox:20200204162112j:plain

 f:id:kirinnox:20200204162119j:plain

 

っで、ルール通り資金を貰って。

f:id:kirinnox:20200204162301j:plain

f:id:kirinnox:20200204162227j:plain

 

墓荒らしが掘れる中で一番深いところを掘っていきます(タイルが1枚以上ある場所)(捨札になる)

f:id:kirinnox:20200204162206j:plain

 

 

それ以外は3、4人ルールと同じです。 

 

 

 

レビュー

総合 ☆☆☆☆
コンポーネント ☆☆☆☆☆
盛り上がり ☆☆
論理性 ☆☆☆
飽きない度 ☆☆☆
重さ ☆☆


 

 

総合☆☆☆☆

f:id:kirinnox:20200204163119j:plain

これは面白い。

うまくつながったとき気持ちよすぎるw

かと思ったら、右側しかない!とか左側しかない!ってなって自分の計画性のなさに絶望するw

浅いところでいっぱい手に入れて、長いのを作っても良いし、深いところを掘ってボーナスを狙っても良い。

意外と、掘るのを我慢するのが大事だ。

深いところを掘るためには金がいるので

でも、おれはお得なのが好きなので、浅いところにいっぱいあると掘りたくなってしまうw

なるべく長くしたいけど、保管すると金がかかる!

悩ましい!

悩ましいけど、うまくいくと価値マックスのところに置くことができたり。

なんか、この面白さ、なんとも表現できないなw

2人でも3人でも面白いです

最初は2人のとき出てくる墓荒らしがあまり好きではなかったけど、慣れたら普通のプレイ感。

 

 

 

コンポーネント・雰囲気☆☆☆☆☆

f:id:kirinnox:20200204163127j:plain

雰囲気めっちゃ良いです!

出土品の単位が紀元前なので、古いものほど価値が高いというフレーバーもイケてます。

新しい展示品が来ると他の価値が下がるってのも面白いw

あと、仮面、腕輪、水差し、壺のアートワークが良いです。

f:id:kirinnox:20200204163247j:plain

左右で合わせるというシステムも良い!

そして、勝利点がチケットなのもイケてる。

 

 

 

盛り上がり☆☆

粛々とプレイするタイプ。

 

 

論理性☆☆☆

細かい読み要素とかはないです。

出てくるタイルも金量も運要素。

感性でプレイするゲームなような気がするw

なんか、コレクション作って飾るのが楽しいゲームw

っあ、でも、決算のボーナスが結構重要だから、どれを狙って行くかという戦略はあるかも。

 

 

飽きない度☆☆☆

やること自体は毎回同じです。

雰囲気を感じたくなってやりたくなるw  

 

 

重さ☆☆

非常に軽いプレイ感。

 

  

まとめ

あ、これ、ジグソーパズルの楽しさに似ているかもw

 

 

 

ペルガモンが好きな人にオススメのゲーム

bdg.kirinnox.com

bdg.kirinnox.com

 

あと、アズール(近日紹介予定)はかなりプレイ感近いかも! 

 

 


お問合せフォームプライバシーポリシー