キリンノックスのボードゲームブログ

【ルール紹介】ビブリオス 中世の写本師【レビュー】

今回は ビブリオス 中世の写本師 を紹介します!


ビブリオス:中世の写本師 日本語版

プレイ人数2~4人

 

 

ルール紹介

このようなカード

f:id:kirinnox:20191114181405j:plain

 

ダイスを使います。

f:id:kirinnox:20191114181420j:plain

 

ダイスは得点を表していて、ゲーム中に変化します。

ゲーム終了時、カードの数字の合計が大きい人がその色のダイスを獲得します。

 

 

準備

ダイスを3の目にしてメインボードの上に置きます。

f:id:kirinnox:20191114181435j:plain

 

カードから以下のカードを除外し、よくシャッフルします。

  • 2人・・・金カード6枚(1金2金3金を各2枚)とランダムに21枚のカード
  • 3人・・・金カード3枚(1金2金3金を各1枚)とランダムに12枚のカード
  • 4人・・・ランダムに7枚のカード

 

 

寄進フェイズ(カード分配)

手番のプレイヤーは、山札の1枚目を見て

f:id:kirinnox:20191114181451j:plain

 

以下の場所のどこかに分配します。

  • 自分(裏向き)
  • 競り札(裏向き)
  • 共通の場(表向き)

コレをプレイヤー数+1回繰り返します。

ただし、自分に1枚、競り札に1枚、残りを共通の場という枚数で分配しなければなりません。

f:id:kirinnox:20191114181717j:plain

 

分配が終わったら、手番プレイヤーの隣の人から時計回りに、共通の場から1枚取って自分の手札とします。

f:id:kirinnox:20191114181932j:plain

 

手番の分配が終わると、すべてのプレイヤーに1枚ずつ、競り札に1枚カードが分配されることになります。

f:id:kirinnox:20191114182103j:plain

手番が次の人に移って、カードがなくなるまでこの分配を続けます。

 

 

競りフェイズ

競り札の一番上になっているカードをめくり、最初の手番の人から値段をつけていきます。

f:id:kirinnox:20191114182118j:plain

 

  • 1度パスしたら再び競りに参加することはできない。
  • 全員パスしたら捨札になる。
  • ピッタリ払えなくてもおつりは出ない。
  • 自分がつけた値段を払えなかったら、ランダムに手札を1枚全員に渡し、競り直し。

 

という感じで落札した人は手札から金を払ってそのカードを獲得します。

f:id:kirinnox:20191114182250j:plain

手番(最初に値をつけるプレイヤー)は時計回りに回って、また1枚めくり競りをします。

競り札がなくなるまで競りを続けます。

 

 

ただし、競りにかけられる札が金カードの場合。

f:id:kirinnox:20191114182139j:plain

 

プレイヤーは金ではなく「枚数」で競りを行い、落札したプレイヤーは宣言した枚数を裏向きに捨札にして、その金カードを獲得します。

f:id:kirinnox:20191114182321j:plain

 

 

教会カード

f:id:kirinnox:20191114182332j:plain

教会カードは5種類、左上から

ダイス1個を+1、ダイス1個を-1

ダイス2個を+1、ダイス2個を-1、ダイス1個を+1か-1

 

寄進フェイズ、競りフェイズの途中教会カードを誰かが獲得したら、即座にダイス操作が行われます。

f:id:kirinnox:20191114182529j:plain

教会カードは捨札になり、獲得した人はダイスを操作します。

 

 

勝敗

競りが終わったら、手札をオープン

f:id:kirinnox:20191114182555j:plain

 

色ごとに合計が多い人がダイスを獲得。

f:id:kirinnox:20191114182610j:plain

 

ダイスの目が点数で勝敗を決めます。

 

ただし、色の合計が同点のときは、カード右下のアルファベットがAに近いのを持っている人が獲得。

ダイスの得点が同点のときは残っている金の合計で勝負。

 

 

レビュー

総合 ☆☆☆☆
コンポーネント ☆☆☆
盛り上がり ☆☆☆
論理性 ☆☆☆
飽きない度 ☆☆☆
重さ ☆☆


 

総合評価☆☆☆☆

いやー面白いね。

非常に面白い。

2人でも3人以上でも面白い。

これは、ルールを読んだだけでは面白さがわかりにくい

実際にやってみて、はじめてわかる面白さ。

まず、寄進フェイズのジレンマ。

このカードを相手に渡して、自分が次のカードを貰う

それとも自分が貰って相手に次のカードを渡すか。

めっちゃくちゃ悩ましくて楽しいです。

しかも、ゲーム中にダイスの目が変わって、色ごとの価値が変わってきます。

更に、自分が競り札に入れたやつとかの情報も結構重要

情報戦なところがある。

 

さらに、競りフェイズ。

もちろん、欲しいカードに高値をつけるのだが、面白いのは、金カードはなんのカードを捨てても買えるということ。

これによって、相手にギリギリ勝てるようにカードを調節して、金カードを取るという行動が発生する。

相手が諦めた色、自分が諦めた色を捨ててくんだけど、相手が諦めた色を捨ててるように感じたら、自分もその色を減らすことができる。

っと思ってたら、実は裏をつかれて逆転されてた。なんてことも。

競りでなんとなく、相手が欲しがっている色がわかる。

それを察知して、諦めたり、ちょっと釣り上げて相手に金を多く払わせたりという戦略もある。

おもしろ。

 

 

コンポーネント☆☆☆

箱が本みたいになってるのが良いですね。

ただカードはちょっとシャッフルしにくい・・・

 

 

盛り上がり☆☆☆

まぁまぁ盛り上がる。

分配してるときとか結構ドキドキw

最後の手を開くときも答え合わせみたいで面白い。

でも、粛々とプレイする系のゲームではある。

 

 

論理性☆☆☆

カードの引き運はある。

しかし、分配の仕方、競りのやり方はやっぱり実力がでます。

でも、引き運もあるw

まぁまぁ。

 

 

飽きない度☆☆☆

シンプルなので、毎回やることは同じ。

しかし、システムが面白いし、軽いから何度もやってしまうw  

 

 

重さ☆☆

軽め。

 

 

カードスタンド

f:id:kirinnox:20191114183006j:plain 

絶対カードスタンドがあったほうがやりやすい。

 

 

まとめ

軽めでシンプルな名作。

 

 

 

ビブリオスが好きな人にオススメのゲーム

bdg.kirinnox.com

bdg.kirinnox.com

bdg.kirinnox.com

 

 


お問合せフォームプライバシーポリシー