理系ホイホイボードゲーム。ハイパーロボット【ルール紹介、レビュー】

今回はハイパーロボットを紹介します!


ハイパーロボット (Ricochet Robots) [並行輸入品] ボードゲーム

プレイ人数1~∞人

 

 

ざっくりルール紹介

ボード

f:id:kirinnox:20190820211438j:plain

このようなボードでプレイします。

 

 

1.ゴールのタイルをめくる

f:id:kirinnox:20190820211832j:plain


タイルをめくりゴールを決めます。

対応する色のロボットを少ない手数でゴールに持っていく。

 

 

2.ゴールに持っていく手数を宣言

f:id:kirinnox:20190820212228j:plain

ロボットは、壁か別のロボットにぶつかるまで直進します。

何回動かせばゴールに行けるかを見つけたら宣言します。

画像では4ですね。

 

 

 

3.砂時計が落ちる前に、より少ない手数を探す。

f:id:kirinnox:20190820212805j:plain

このゲーム、一番先に解答を発見した人の勝ちではありません。

最初の宣言から約1分間の猶予があり、その時間内に、より少ない手数を発見した人が勝ちです。

もちろん最初に宣言した人が勝つ場合もあります。 

 

 

 

レビュー

総合 ☆☆☆☆
雰囲気 ☆☆☆
盛り上がり ☆☆☆☆
論理性 ☆☆☆☆☆
飽きない度 ☆☆☆☆
重さ


 

総合評価☆☆☆☆

かなり面白い。

人を選ぶけど、将棋の手を読むのに似てる気がする。

私は将棋好きなので、楽しめる

っと思ったら、将棋好きではない私の嫁も好きでしたw 

 

 

雰囲気☆☆☆

ボードが綺麗だし、消しゴムみたいなロボットの質感がいい感じです。

 

 

盛り上がり☆☆☆☆

長い手数を宣言したとき「24」「マジかよ!」って感じで盛り上がります

後は、相手より少ない手数を宣言したとき盛り上がるw

「8!」「7!」「マジか!?」「6!」「ええええ!?」

 

 

論理性☆☆☆☆☆

運要素なし。

なんだけど、実力差だけじゃなくて、たまたま見つかった!ということもよくあります。

 

飽きない度☆☆☆☆

結構クセになるから飽きにくいんだけど、やればやるほど、脳みそが疲れてくるのを感じるww

やってることは毎回同じ、でも、中毒性あるんだよなw

あとボードも8枚入り裏表ありなので、ボードの組み合わせがめっちゃ多い。

いつも違うフィールドで戦うことができる。

 

 

重さ☆

脳みそは疲れるけど、すぐできてすぐ終われる。手番もないし。軽い!

みんなでワイワイできます。

 

 

 

まとめ

なんか理系も文系も好きっぽいw

 

 

 

ハイパーロボットが好きな人にオススメのゲーム

bdg.kirinnox.com

bdg.kirinnox.com